便秘には、2種類あります。

機能性便秘と器質性便秘です。

 

機能性便秘は、消化器官の働きが低下することで起きます。

機能性便秘はさらに細分されて、急性便秘・慢性便秘・医原性便秘に分かれます。

 

便秘---機能性便秘---急性便秘

             ---慢性便秘   

                  ---医原性便秘

   ---器質性便秘

 

一般的な便秘と言うのは、この場合急性便秘のことを言います。

原因は、食物繊維の不足・水分の不足・ストレスの蓄積・ダイエットのやりすぎなどで一時的に起きます。

 

慢性便秘は、排便のための腸の蠕動運動が低下し、あるいは自律神経が乱れたりします。

原因は、便意を我慢することが多かったり、あるいは浣腸をし過ぎることから来る場合があります。

医原性の便秘は、薬の副作用などでおきる便秘です。

 

有名なのはがんの薬の副作用。

 

急性<慢性と治りにくくなってきます。

もう一つの器質性便秘は、大腸の病気によるもの。

これにも先天的な病気と後天的な病気があります。

後天的な病気は治療しやすいですが(大腸がんのぞく)、先天的な病気の中には治療が難しい物もあるそうです。

 

便秘の原因に該当する部分がありましたでしょうか?

場合によっては医師に診てもらったほうが早いので、気になったら病院に行きましょう。



© 2015 便秘 rss